スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝台特急富士 あれから…  


イメージ 2

イメージ 3

寝台特急富士・はやぶさのラストランから10日ばかりが経ちました。あの喧騒がウソのようです。
当日大分では2時間程の遅延があったため、予定していた接続列車に乗れず、今日になって払い戻しを受けました。ついでに東京駅10番ホームに立ってみました。当然のことながら、時刻表から18:03の富士はやぶさの文字は消えていました。

今でもあの日の車掌さんのアナウンスを思い出すと涙が出ます。。。

ラストランの3月14日にNHKで放送された「特集ドキュメントにっぽんの現場「寝台特急 ラストラン」は、感動的なすばらしい番組でした。

写真上は、今日(3/24)10番ホームの時刻表。
写真2枚目は、3/13の10番ホームの時刻表。
写真下は、あの日(3/13)の10番ホームの雑踏

スポンサーサイト

さよなら、ありがとう富士・はやぶさ  

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

寝台特急富士号最後のアナウンス全文です。
「ご乗車ありがとうございます。列車は間もなく大分に到着です。1番のりばです。右側のドアが開きます。ご注意ください。
さて、本日、3月14日でございます。今日をもちまして、寝台特急富士号は、昭和39年から45年余り続いた歴史に幕を下ろします。それと同時に九州と東京を結ぶブルートレインの灯りも消えてしまいます。しかしながら、これから先もみなさまの心の中には寝台特急富士号のすばらしい数多くの思い出が刻まれ残り続けることと思います。長い間ご愛好いただきまして、ありがとうございました。
車掌は、JR九州大分車掌センターU川、S谷でございました。

最後に"ありがとう富士号よ"、"お疲れさま富士号よ"、"そして、さよなら、さよなら富士号"…」
(オルゴール)
最後のハイケンスのセレナーデを聴きながら…
[参考]http://j-ken.com/category/all/data/644381/

約2時間遅れで、寝台特急富士は大分に着きました。

各駅や沿線には見送りの人達が多数訪れていました。沢山の人達が手を振ってくれました。私達も沢山手を振って答えました。涙が溢れてきました。
車掌さんの最後のアナウンスにも感動しました。下関到着時の車掌交代前のアナウンスは感涙でした。車掌さんも感極まって言葉をつまらせるシーンがありました。

「ありがとう富士号、ありがとう、はやぶさ号、さよなら富士号!」

写真上は、大分駅から回送されて行く富士号。
写真中は、行き先表示(携帯で撮影)
写真下は、大分駅到着直後の富士号。

寝台特急富士・はやぶさ 涙のアナウンス、下関?門司  



イメージ 3


下関駅到着前に東京?下関まで乗務した車掌さんから、最後のアナウンスがありました。
(オルゴール)
東京から14時間1000キロの旅は、いかがでしたでしょうか?瀬戸内海の光景は、あいにくの天候でしたが、いかがでしたでしょうか?新幹線からは、なかなか見ることのできない富士・はやぶさ号ならではの光景と言われてきました。この光景を皆様とご一緒に見ることができたのも乗務員にとって大きな喜びであり、栄誉だと思っております。
次は、下関です。お出口は左側、4番のりばの到着です。
下関乗務員センターは、旧下関車掌区時代から、あさかぜ号、みずほ号、さくら号、あかつき号、そして
富士号、はやぶさ号と数々のブルートレインに乗務してまいりました。新幹線では味わえない独特の旅情と様々なドラマ、沢山の方々との出会いがありました。今日皆様とここで、記念すべき最後の1列車、旧制1列車に東京からご一緒できましたことを本当に感謝しております。ありがとうございました。

私事でたいへん恐縮ですが、昨年8月の岡崎での大雨のときには岡崎駅で、数年前の名古屋での集中豪雨の際には新居町駅で、お客様と一晩ご一緒させていただきましたことも今となっては懐かしい思い出です。
(沈黙)
嫁ぎ先の新潟で…、(沈黙)…嫁ぎ先の新潟でお嬢様が危篤状態に…危篤状態にあるから、どうしても乗せてほしいと、中年夫婦の方にお席を用意したこと。熱心なファンの方から、すぐには答えられないような熱い質問を受けたこともありました。
(長い沈黙)
どうか、いつまでも、今夜の旅…、今夜の旅を記憶に留めていただけますよう乗務員一同、心から願っております。
(沈黙)
東京からご案内いたしました車掌3名、JR西日本下関乗務員センター、1号車○○、中ほど6号車△△、12号車◇◇は、次の下関でJR九州の乗務員と交代いたします。終点大分・熊本まであとわずかとなりましたが、最後のブルーとレインの旅を引き続き満喫していただき、最終列車の旅が、一生の思い出になっていただければ幸いです。
(沈黙)
下関乗務員センターでは、ブルートレインの乗務はなくなりますが、下関?仙崎間の観光列車みすず潮彩号の乗務をいたしております。
富士・はやぶさ号は、本日をもちまして姿を消しますが、これまで走り抜けた多くの同僚と皆様の思い出が…、思い出と記憶はいつまでも残ります。
いつの日か、どこかで再びお会いできる時が来ますことを祈念いたします。長い間本当にありがとうございました。
また、下関乗務員センター一同に代わりまして、厚く御礼を申し上げます。富士・はやぶさ号、本当にご利用くださいまして、ありがとうございました。
(オルゴール)

ただ涙。。。感動でいっぱいでした。


下関駅では関門トンネル用の機関車に付け替えます。
そして、門司駅で富士とはやぶさを切り離し、いよいよ、はやぶさは熊本へ、富士は大分へと分かれてラストランのフィナーレへ出発します。

写真上は、下関駅で関門トンネル用の機関車を取り付けているシーン。
写真2番目は、門司駅で切り離された瞬間の富士とはやぶさ。
写真3番目は、切り離されて、そのまま出発したはやぶさ。
写真下は、富士に大分行きの機関車を取り付ける瞬間。

富士・はやぶさ遅れ  






おはようございます。現在、1時間半程遅れています(涙)
サンライズ、北斗星 に続き、またしても …

写真上は、瀬戸内海の風景。
写真2番目、警戒にあたる鉄道警察隊の方々。
写真3番目、無賃乗車か(?)連行される若者。(徳山駅)
写真4番目、富士・はやぶさの連結部分に貼ってあった表示。
写真下、手を振ってくれた宇部駅の駅員さん。

追記 遅れが出ていたため、大分駅から予約してあった九州横断特急に乗り換えられそうもない私のために車掌さんが、その特急に間に合うように「徳山から新幹線→小倉から特急ソニック」を手配してくれていました。「でもごめんなさい。ラストランなんで最後まで乗りたいです。」と断ってしまいました。。。このときの車掌さんにお礼の手紙を書きたいです。

富士・はやぶさに爆弾!?  


イメージ 2



京都駅で富士・はやぶさを待ち受けていました。
寝台特急富士・はやぶさに爆弾を仕掛けたの書き込みが2ちゃんねるにあり、調査のため、京都に12分ほど停車。
ハプニングもあり、やや遅れながらも順調に走行中です。外は大雨です。。。涙雨…

写真は、上から、京都駅の時刻表の電光板。京都駅コンコースからの富士・はやぶさ入線風景。京都府警の警察官の人たち。2チャンネルの記事。

富士を追いかけて  



豊橋で下車し、新幹線で名古屋に先回りし、寝台特急富士・はやぶさを捕らえました。

先回りしたのぞみ車内電光板の読売新聞ニュース全文
「◆読売新聞ニュース◆JRダイヤ改正で姿を消すブルートレイン。最終便を見ようと、13日夜、東京駅にはファンが詰めかけた。」

写真上は、名古屋駅を出発する富士・はやぶさ。
写真下は、先回りする新幹線車内電光板の読売新聞ニュースでの富士・はやぶさのニュース画面。

寝台特急富士・先回り  


イメージ 2



写真上は、豊橋駅を出発した富士の最後尾の姿です。
つまり豊橋駅で降りて、寝台特急富士・はやぶさを見送りました。豊橋からは、22:13発こだま585号に乗り名古屋駅に先回り、名古屋で富士・はやぶさの到着・見送りをし、22:56発のぞみ161号で京都へ。
京都駅で富士の到着を待ち、0:37発に乗り込みます。

追記 写真2枚目は名古屋駅に入線する富士・はやぶさ。3枚目は、同じ寝台の区画のお2人をパチリ。

追記2 寝台特急富士・先回りのタイムテーブルは、拡大(クリック)してご覧ください。

寝台特急富士・今夜の予定  




18:03東京駅を出発、今静岡です。今夜これから停車の主な駅は浜松21:28→豊橋21:55→名古屋22:45→京都0:37→大阪1:08となります。

写真上:号車番号が、さよなら富士に替えられていました。
写真中:東京駅発車10分前、まだ人の少ない車内。
写真下:出発時、人であふれていた東京駅のホーム。

さよなら寝台特急富士・はやぶさ記念弁当&横浜  






東京駅では、「さよなら寝台特急富士・はやぶさ記念弁当」が、1000円で発売されていました。
にんじんがはやぶさの形をしていたり、沿線の名物(味噌カツ、たこ焼き、からしレンコンなど)が、おかずとして花を添えています。

写真1、さよなら寝台特急富士・はやぶさ記念弁当の中身。
写真2、さよなら寝台特急富士・はやぶさ記念弁当のパッケージ。
写真3、ここでも人の波、通過した有楽町駅。
写真4、駅員さんも写真撮影の横浜駅と駅長さん(写真右)
    ※このあと、ほとんどの駅で駅長さんが自らホームで最後の出発進行を行っていました。
写真5、横浜駅で手を振ってくれたご家族。
    ※九州では、各駅でこのような光景がありました。

寝台特急富士・はやぶさラストラン 大混乱の東京駅!  

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

まさに人の波です。大混乱です!
JR発表では3000人とか…

17:21寝台特急富士・はやぶさが、10番線に入線してきました。(写真1)

牽引する機関車は、最後尾に接続されており、一旦神田方向へ向かい、折り返し、9番線を通過し、有楽町方面へ向かいます。(写真2)

その後、10番線に停車している客車の先頭に接続されます。

東京駅発車後、最初のアナウンス
(オルゴール)
「ご乗車ありがとうございます。今日は栄光の1列車、寝台特別急行富士・はやぶさい号にご乗車くださいまして、まことにありがとうございます。
富士・はやぶさ号は、走るホテルとして半世紀に渡り、人々の喜怒哀楽、人生の苦楽を乗せまして、日本の幹線輸送の一翼を担い、走り続けてまいりましたが、明日3月14日をもちまして、東京・九州間寝台特急の長い歴史に幕を下ろすことになりました。長い間、富士・はやぶさ号をご利用くださいまして、ありがとうございました。今晩は、東海道・山陽道・九州路の最後の名列車の旅をご堪能いただき、皆様にとりまして心に残る感動の旅になれば幸いと思っております。
これから、横浜・熱海・沼津・富士・静岡と停まってまいります。次の横浜には18時27分の到着です。お客様のご乗車が済みますと、すぐに発車いたします。到着駅到着時刻車内のご案内は、次の横浜を発車いたしまして、ご案内させていただきます。
お弁当・サンドイッチ・お飲み物・記念品の販売は、準備ができ次第、係員がワゴンによりまして、皆様のもとに参ります。どうぞご利用ください。また、開始時期につきましては、後ほどご案内させていただきます。次は横浜です。
また、各駅での停車時間、わずかとなっています。たいへん危険ですので、ホームへは降りられませんようお願いいたします。
また、車内についています機器類については、絶対手を触れませんようお願いいたします。列車の遅れのもとになります。車内についています機器類については、手を触れませんようお願いいたします。
次は横浜です。」(オルゴール)

あと一日

イメージ 1

イメージ 2

ラストラン前日となりました。(カレンダー上は日付が変わってしまいましたが…)
富士・はやぶさは、今頃京都を過ぎたころですねぇ。

今日は、通勤経路でもあるので東京駅を少し歩いてみました。

記念の駅弁やグッズが販売されているとのポスターがありました。

明日の人出は、どの程度になるのでしょうか。
切符を持っている私がホームへ行けないなんてことはないと思いますが…。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。